当院のレーザー治療・IPL治療

レーザー光線とは、位相と波長のそろった高エネルギーの光です。
近年レーザー治療は、メカニズムの正確な理解がすすみ、
治療効果を最大限にあげて、しかも瘢痕などの副作用を最小限に抑えるため発展してきました。

img

ルビーレーザー

もっとも一般的なシミである日光性黒子には、Qスイッチルビーレーザー照射は、最も効果的な治療法です。特定の色素に吸収されるパルスレーザー光は、その色素を有している生体の組織・細胞・あるいは細胞間小器官を選択的に破壊することが可能です。
ルビーレーザー光は黒い色に吸収され熱を発生します。当院のルビーレーザーには、ごく短時間照射が可能なQスイッチ装置がついているので、メラニン色素以外の組織にダメージを与えることなく、しみを治療することができます。 
治療回数もほぼ1回で終了する場合が多いです。
しかし、たちまちに、シミがとれてしまう治りかたではありません。レーザー照射後、しみがとれて周囲の皮膚と馴染んで落ち着くまでには、数か月かかる場合があります。

適応疾患

  • しみ
  • ソバカス
  • ホクロ
  • 刺青

Vbeam

Vbeamとは、可変式ロングパルス色素レーザーです。
赤あざや、赤ら顔の「赤み」は皮膚の毛細血管が透けて見えている状態です。
その「赤み」の原因となっている毛細血管内の血液(ヘモグロビン)にだけ選択的に反応するレーザー光を患部に当てることによって、異常な血管を破壊し、赤あざや赤ら顔の「赤み」を治療していきます。

適応疾患

  • 赤ら顔

エルビウムヤグレーザー

水分への吸収率がより高く、正常組織への影響がほとんどありません。
小さな盛り上がったホクロやイボの除去に安全に使えるレーザーです。

適応疾患

  • ホクロ
  • イボ

レーザーフェイシャル

最新型ロングパルスレーザーGentle Maxを使って、顔全体にレーザー光を照射することで、くすみソバカス薄いしみを改善する方法です。また、真皮に光エネルギーによる熱作用を加えることにより真皮に創傷治癒機転が起こり、皮膚の若返り効果が期待できます。 照射後、化粧をしてお帰りいただけます。

適応疾患

  • しみ
  • くすみ
  • しわ
  • たるみ
  • 毛穴の開き
  • 黒ズミ
  • ニキビ、ニキビ跡
  • ホクロ

スーパーパルス炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザーは、皮膚の表面から焼いていくタイプのレーザーです。照射エネルギーや照射時間をコントロールすることで、周囲の組織への浸襲を少なく病変部を摘除できるため、傷の治りがはやく、傷跡が目立ちにくい治療方法です。
特別な準備は必要なく普段の外来診療と同じように来院していただければ、短時間で治療は終わり、手術後すぐに帰宅できます。局所麻酔が必要です。
美容目的でホクロ除去する場合には、除去した跡が問題になります。ホクロの細胞は皮膚の深い部分まであります。表面は黒色ですが下の方はまだ色がありません。跡を目立たないように除去するには、必要最小限浅く除去するため再発することがあります。再発しないように深くけずれば、あとに目立ちやすい瘢痕などを生じる危険性が高くなります。

適応疾患

  • しみ
  • ホクロ
  • イボ

イーライト

IPL(光エネルギー)とRF(高周波)を組み合わせた治療器です。光と高周波を使った2つの治療が同時に行えるので、シミやそばかすだけでなく、RFの働きによる毛穴の引き締めにも効果があります。光エネルギーを低く設定できるので、皮膚の負担を少なくできます。肌全体が明るくなりハリがでてきます。
日本人の肌にはメラニンが多く含まれているため、黒い色に反応する光エネルギーは、効果を上げようと照射出力を大きくすると、強い痛みやヤケドの原因になります。
しかし高周波は色とは無関係に働くため、効率的に肌の奥へ熱エネルギーを伝えることができるのです。この光と高周波を組み合わせることで、より少ない出力でより高い効果が期待できます。
eLightは光とRF(高周波)の相乗効果によりお肌の様々な悩みを改善していく最新の美肌治療器です

適応疾患

  • しみ
  • 赤ら顔