Q&A

水田美容皮膚科Q&A

Q. アレルギー体質でも、しみ治療できますか?

光アレルギーの方は、治療をご遠慮いただいております。その他の方であれば、問題ありません。

Q. しみ治療後に傷跡ができたりしますか?

非常に稀ですが、傷痕を生じることがあります。

Q. しみ治療することによって、何らかの副作用はありますか?

非常に稀ですが、傷痕を生じる色素沈着が増強する、あるいは色素が抜けすぎて肌が白くなりすぎることがあります。

Q. 現在、妊娠中です。しみ治療できますか?

妊娠中、または授乳中の方は、治療をご遠慮いただいております。

Q. しみの治療後は、メイクはいつからできますか?

メニューによりますが、治療直後からすぐにメイクしていただけるメニューもございます。

Q. しみの治療は痛いですか?

皮膚を輪ゴムで軽く弾かれたような感覚がします。
痛みを和らげるために外用麻酔剤などを使用することがあります。

Q. 1回の治療でしみを消すことができますか?

老人性色素班やそばかすなどのシミは、1回で取ることができます。しみの種類によっては、複数回治療が必要なものもあります。

ページトップへ戻る