しみ治療

しみの状態に合わせた治療が美しい肌への近道

しみには色々な種類があり、それぞれ治療法が異なります。治療法を誤ると、しみをかえって悪化させてしまうこともありますので、正確に診断することがとても大切です。
当院では、ロボスキンアナライザーで写真撮影し、肌解析を行いしっかり診察します。 しみの診断がついたら、今度は治療法の選択です。
あなたの肌状態や生活スタイルに合った、無理のない方法でしみを効果的に治療しましょう。

料金案内はこちら

ロボスキンアナライザー

しみの原因

しみというのは、表皮に残ったメラニン色素の集まりです。
皮膚にはメラノサイト(メラニン色素を作る細胞)があり、ホルモンの影響や紫外線によるダメージを受けると部分的に色素を多く作ったり、ある部分では作らなくなったりして、皮膚の色むらができます。
通常は、皮膚のターンオーバー(新陳代謝)によって再生された皮膚と入れ替わるのですが、そのまま残ってしまったのがいわゆるしみです。

紫外線

皮膚にあるメラノサイトが刺激され、しみの原因になるメラニンが増加します。若い人は新陳代謝とともにメラニンも無くなりますが、中年以降になるとメラニンが細胞中に沈着してしみになります。

誤ったスキンケア

皮膚をこする事、たとえば強い洗顔、化粧品をくるくる塗りこむなどの行為が、摩擦による軽い炎症を引き起こし、色素沈着を起こします。

精神的ストレス

脳下垂体から分泌されるメラニン細胞刺激ホルモンは、精神的ストレスの影響をとても受けやすいのです。イライラしがちな人はしみを作りやすいので、注意しましょう。

ホルモンバランス

内分泌の失調によりホルモンバランスを崩すと、黄体ホルモンなどがメラノサイトを刺激し、メラニンを増加させます。妊娠もメラニン増加の原因になる事があります。

体質や食生活

カフェインなどの神経を刺激する物質が含まれる食品を摂り続けると、しみの原因であるメラニンを増加させる要因となります。

しみの種類

老人斑(老人性色素斑)

加齢、紫外線によるしみの代表格です。顔や手の甲、腕など、日光によくあたる部分にできる茶色いしみです。
最初は色が薄く目立ちませんが、少しずつ濃い茶色になります。平らですが、時間が経つと隆起してくることもあります。境界はハッキリしています。原因は紫外線によるものですから、日焼け止めなどの紫外線対策をしっかり行うことが予防に有効です。
『老人性』という名前がついていますが、20代後半から出てくることもあります。

ソバカス

ソバカスは子供の頃から存在して、思春期に濃くなります。
ソバカスは適切な治療で必ず薄く、目立たなくなります。紫外線を浴びると数が増え濃くなりますから、日々の紫外線ケアがとても大切です。

肝斑

肝斑は頬や眼の下、額などに広範囲に拡がるしみです。境界はハッキリせず、左右対称にみられることが多く、目のキワには認めません。
30代以上の女性に多く、ホルモンバランスのくずれや不適切なマッサージ、肌に合わない化粧品などが原因と言われています。
肝斑の完治は難しいですが、薄く目立たなくすることは可能です。

脂漏性角化症(老人性イボ)

盛り上がりと表面のザラつきのある茶色いしみで「老人性イボ」とも呼ばれます。
紫外線による肌の老化が原因のひとつですが、体質的にできやすい方がいます。フェイスライン(額やこめかみ)に好発しますが、胸元などにも認められます。多発することが多いしみです。30代以上の男女に認められます。

炎症後色素沈着

火傷、にきび、怪我などの跡のことです。

遅発性太田母斑様色素斑

両目周りに左右対称的にパラパラと現れるしみのことで、普通のしみや肝斑とは違い、やや青黒いのが特徴です。中には、普通のしみと区別が難しい場合もあります。

当院のしみ治療

主にレーザー治療やIPL、トレチノイン・ハイドロキノン療法です。しみの種類やお肌の状態で最適な組み合わせでしみにアプローチしていきます。

レーザー治療・IPL(光治療)

しみでお悩みの方、できてしまったシミをレーザーで治療することができます。
シミの元であるメラニン色素にレーザー光が反応(熱処理)する為、照射を繰り返すことでしみが徐々に薄くなっていきます。シミの数が多い、面積が大きいなど、お困りの方にお勧めです。

当院のレーザー治療・IPLはこちら

イーライト

施術の流れ
  • STEP.1 ご予約
  • STEP.2 カウンセリング

    お肌の状態の、ご要望をおうかがいし、最適な治療法を提案いたします。
     
     

  • STEP.3 治療開始

    レーザーや光を照射します。照射時に刺激がありますが、強い痛みはありません。治療後、施術箇所を冷やした後、そのままお帰りいただけます。

トレチノイン・ハイドロキノン療法とは

メラニンの新生を抑制するトレチノイン・ハイドロキノンを、出来てしまったメラニンの上に重ね塗りし、メラニンの塊であるシミを取り除いて薄くする治療法です。
当院ではZO SKIN HEALTH(ゼオ スキン ヘルス)システムを取り入れています。
健康な肌の細胞機能を回復させる方法(化粧品)です。このシステムの目的は、美しく健康な肌を再生し、環境に対する肌の抵抗力を高め、肌の正常な細胞機能をとりもどすことです。 最大の特徴は、この中のトレチノインとハドロキノンの配合のブレンダーを医師が患者さんの肌状態を診て、配合の比率や塗布の回数などを決めることです。
健康な肌をとりもどすためには、最低18週間使い続けます。6週間ごとの3段階のプロセス【古い角質の剥脱】【新しい肌の再生】【健康な肌の実感】を経て、美しく健康的な肌を再生していきます。 濃いしみだけをレーザーで除去しても、くすみがあったり弾力がなかったりでは、若々しい肌には見えません。肌トラブルはトータルにケアしてこそ綺麗な肌にみえるのです。そういう意味でも、複数の肌トラブルを同時に改善することができるこのシステムは、非常にすぐれたシステムだといえます。 アンチエイジングを目的としたお化粧品としてもこれに勝るものはないといわれています。

ZO SKIN HEALTH(ゼオスキンヘルス)システムについてはこちら

施術の流れ
  • STEP.1 カウンセリング

    お肌の状態の、ご要望をおうかがいし、最適な治療法を提案いたします。
     

  • STEP.2 プログラム決定

    肌の状態や生活により、あなたに合わせてプログラムを組みます。
     

  • STEP.3 使用開始

    最低18週間使い続けます。6週間ごとの3段階のプロセスを経て、美しく健康的な肌を再生していきます。

ページトップへ戻る